ドラッグストアがお届けする栄養素に関する解説するサイト

たんぱく質について

肉や魚、大豆製品に多く含まれているのはたんぱく質です。たんぱく質は、体の組織である筋肉や内臓、骨、血液などを作る主成分になります。そのため、生命の維持と体の代謝をスムーズにするためには欠かせない栄養素なのです。一口にたんぱく質と言っても20種類以上のアミノ酸からできています。そのうち8種類は必須アミノ酸と呼ばれる体内で生成できないたんぱく質で、食べ物から摂取する必要があります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

必須アミノ酸がバランス良く含まれているのは動物性たんぱく質だと言われていますが、同時に動物性脂質を摂取することになります。できれば、脂肪の付いた場所を避けて食べることをおすすめします。お肉が苦手なら、大豆製品とご飯の組み合わせることで、不足しがちなアミノ酸を補い合って動物性たんぱく質と同じ効果が期待できます。そのため、納豆はおすすめの食品だと言えるでしょう。もしたんぱく質を過剰摂取した場合には、アミノ酸は代謝されて脂肪に変わるか、体外へと排出されます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

体外へ排出されると血液が酸性に傾くため、それを中和する作用を持つカルシウムが必要になります。体外への排出量が多いと、カルシウムが大量に必要になるために骨からカルシウムが逸脱して供給されてしまい、結果的に骨粗鬆症を招く原因となってしまいます。たんぱく質も食べすぎには注意が必要になります。

 

薬局