ドラッグストアがお届けする糖質とビタミン

糖質とビタミン

糖質は、生きていくための必要なエネルギー源であり、脳細胞の活動などに必要となります。





同じような役割で脂質があります。脂質はエネルギー源になる他にも、カロチンの吸収に使われたり、体に必要なリノール酸やオレイン酸などを多く含んでいます。


ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。


糖質・脂質を合わせて、全体の55%くらい摂取すると良いでしょう。ビタミン・ミネラルは、体の調子を整える大切な役割を持っています。


そのため、全体の大体15%くらい摂取すると良いでしょう。どの栄養素も、健康な体を維持するために必要なものばかりですが、摂りすぎてしまうと体調を崩す原因となります。特に糖質、脂質に関しては摂りすぎてしまうと体に貯蓄され、肥満の原因となってしまいます。


 

薬剤師 就職