ドラッグストアがお届けする栄養素に関する解説するサイト

ビタミンについて

ビタミンは保全素ともいい、ビタミン自体はエネルギー源にはならないものの、熱量素を燃料として効率良く燃やすために欠かせない栄養素です。ビタミンには水溶性と脂溶性の2種類があります。水溶性に当たるのは、ビタミンB1・B2・B6・B12、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンCなどがあり、それぞれエネルギーの代謝や糖質、アミノ酸、脂質などの代謝や酸化還元反応に関わる補酵素にあたります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

脂溶性には、皮膚や粘膜を正常に保ち、視力にも作用するビタミンAや、骨形成の促進やカルシウムの吸収を促進するビタミンD、抗酸化作用を持つビタミンE、血液凝固因子の合成に必要なビタミンKなどがあります。水溶性ビタミンは水分に溶けやすく、摂りすぎても尿などと一緒に排出されるので、体に悪影響を及ぼすことはありません。しかし、脂溶性ビタミンンに関しては、体脂肪組織内に蓄積されるために、摂りすぎると過剰症を発症する可能性があります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ビタミンAを取りすぎると、急性の場合は頭痛や嘔吐、慢性では食欲不振や低体重などがあります。ビタミンDは、全身の倦怠感や多飲多尿、嘔吐、食欲不振、腎臓のカルシウム沈着などが起こります。ビタミンKを取りすぎた場合には、新生児で用血性貧血や嘔吐を引き起こす可能性があります。そのため、妊婦さんに関しては脂溶性ビタミンの摂取を控えるように言われています。ビタミンEに関しては、過剰症はないと言われています。

 

薬剤師国家試験